Willkommen zu meinem blog!  ようこそ、おかえりなさい。
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-10-11 (火) | 編集 |
こんばんは(・∀・)

寒いですね、これに尽きる。
鼻水ズルズルにくわえて、咳も出てきました。
症状としては確実に悪化しているよう。熱下がったばっかりなんですが・・・抵抗力落ちていたからでしょうか。
皆さんも、ご自愛下さい。
大人の手足口病はッ,,,,,,,,,(ざわ,,,,ざわ,,,,),,,,,,,恐怖でしたッ...!
圧倒的虚脱感,,,,!

後、新宿駅にアニメのポスター多すぎやろ!って一人で軽くつっこんでしまいました。
悲しい性ですね。今ホットなんでしょうか。
俺は友達が・・・少ない?とかいう。 あれこれ・・・



本日は、原発事故が起きてからについて思うところでも書こうかな、と。
味噌汁のいいにおいが鼻を擽ってます。早く飲みたい

日本で原発が重大な問題として提起されてるはずなのですが・・・最近マスコミも静かになったと思いませんか?
被害は沈静化したのではないのです、むしろこれからが被害と直面する時間になると私は思いますし、そうなんじゃないでしょうか。

ニコニコニュースにこんな記事がありました。
もしもベルリンに原爆が落ちていたら
この記事の最後に、
「ドイツにとって切羽詰った戦争の危機はなくなったが、原発事故を含めた緊急事態には常に対策を講じておかなければならない。「もしかしたら起きるかもしれない危機」の可能性は、人が漠然と思うほど小さくない」
と添えられています。まったくそのとおりですよね。

とはいえビクビクと毎日を過ごすわけにもいきません。
なら一度起きたら、二度と起きない対策を早急に講じる事が尤もだと思うんです。
日本政府は何をしているのか-----一度は思った事が有る方が大勢だと思います。

観光庁?とかいうところで総額11億円で外国人を日本に無料招待だそうですよ?
原発事故によって、日本社会が人生観・自然観の問題として真っ二つに割れています。
そして諸外国の人が今日本にもつ印象は「危険」でしかないわけです。
無論、無料での招待です。危険承知でチケットを握る人は多いかもしれませんが、本当に日本の役に立ちたいと思って下さってる方々は、募金なり何なりしてくれています。
そこへ「航空券タダですよ」というキャンペーンは違和感を感じませんかねぇ。
それに、今1ドル=70円ちょい?。
ホテル代にしろ食費にしろ、ドル換算では相当な負担になるのでは。
言葉の壁もありますし、手取り足取りのケアを全員に施せるわけがありません。
そんな中で招待しても、好意的なコメントをもらえると思えない。

何とかしたいという気持ちを打破することをこの企画に求めたと思うのですが、原発事故に加えての円高で投資に対する効果が限定的であるとしか言えませんね。
11億円を「風評」のために遣うのであれば、多くの日本人に現状を再確認してもらい、見聞を広めてもらうことに遣ったほうが有意義だと私は思うのです。






話がそれましたが、原発事故によって日本は混乱していました。
1986年のチェルノブイリと2011年、福島で起きた原発事故は世界中の人々に認知されている事と思います。
チェルノブイリは直接被害と恐怖心の点で、福島より甚大であったようです。
25年の歳月、科学はより進歩しました。
日本での安全神話は2011年3月11日のその日まで確かに在ったと思うんです。

その前提が覆され、技術先進国での過酷な事故、原発の安全神話は吹き飛んでしまう..

福島県は世界を変える事が出来ます。
福島の名前が世界でどう扱われるか、、日本にかかっているんです。
現在のところは残念ながら、ネガティブな方向でのフクシマ の名前が広がる事になると思います。
私も反原発派・・・とも推奨派とも言いません。
確かに原発は、どのベクトルにおいても大きな象徴だと思うんです。
今回の福島県の原発事故は、日本政府の対応のせいで「ネガティブの象徴」に向かって進んでいるのでは。

危ないからやめろ! では話が成り立ちません。
危険であるものは強いんです。これは世の摂理
日本の国力は衰退の一途を辿ります、まず間違いなく。

盛り返すためには諸刃の頭突きが必要なのでは!
(個人的には思念の頭突きの方がつかいやすい)

その諸刃が、原発である必要は無いと思います。代替品が見つかれば私は反原発派です。
現状でも推奨派ではないですよ!?ここ重要

日本政府には、原発事故を時間の経過に任せないように・・・それだけを願って見ます


長文失礼しました
筆・・・ではなくキーボードがよく進む話題でしたねw

ヾ( ´ー`)ノ~ばーい
スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。